埼玉県川口市の交通事故弁護士による後遺症、むち打ち、慰謝料、入院、通院、休業損害、過失割合、逸失利益の綜合相談。

交通事故まるごと相談所

異議申立結果

HOME > 解決事例 > 異議申立結果

異議申立て結果1

認定3等級アップに成功しました。「脊髄不全損傷、両手指の巧緻運動障害」

  • 頸椎捻挫、腰椎捻挫
  • 後遺障害14級→併合11級
  • 3等級アップに成功しました。

 
 初回認定において、他覚所見無しとの理由で頸椎捻挫も腰椎捻挫も14級と認定されました。
 しかし、主治医と面談して、腱反射テストを実施して、後遺障害診断書の追記をお願いしました。
 また、主治医とは別の放射線鑑定医にMRI画像等の画像鑑定を依頼して、有意な所見を得ることが出来ました。
 新資料を基に異議申立てをした結果、頸椎捻挫、腰椎捻挫ともに12級の認定がされて、12級2つをのため、最終的に併合11級の獲得に成功しました。
 

 異議申し立てで指摘した事項は以下の通りです。

 

  •  MRI画像によってC4/5、6/7に椎間板ヘルニアによる脊髄圧迫
  •  脊髄の変性及び脊髄不全損傷
  •  深部腱反射を測定した結果、新たに上腕三頭筋、及び腕橈骨筋に亢進
  •  T2強調画像で頚髄の信号上昇を認め頚髄が変性
  •  MRIでL1/2,L4/5にヘルニア
  •  L5/S1に外傷性ヘルニアと圧迫による椎間孔の狭窄
  •  下肢の腱反射において、「下肢反射ATR↑/↑、PTP↑/↑(peudoclonus+)」
  •  アキレス腱反射、膝蓋腱反射の亢進
  •  トレムナー検査の異常反射