埼玉県川口市の交通事故弁護士による後遺症、むち打ち、慰謝料、入院、通院、休業損害、過失割合、逸失利益の綜合相談。

交通事故まるごと相談所

過失割合

HOME > 過失割合

過失割合

 交通事故の原因が被害者にもある場合には、その割合に応じて賠償金を減額するとの主張がされることがあります。
 例えば、信号が赤だったのか青だったのかで、得られる賠償金が全くことなるということです。
 ですから、 交通事故は、必ず警察に連絡して、事故状況や当事者や目撃者の供述を資料として残してもらうことが重要です
 停車中に後ろから追突された場合や、相手方が明らかに信号を無視しているなどの場合をのぞいて、四輪車同士の事故であれば、過去の裁判例によると被害者にも一定の過失が認められるのが原則ですが、個別の事案によっては過失割合が修正される可能性があります。

過失割合について、次のページも参考にしてください。

過失割合の具体例
同乗者の過失
自動車損害賠償保障法3条の裁判例